患者様の症例紹介【マッケンジー法】

患者様の症例紹介【マッケンジー法】

今回はマッケンジー法での術を行った患者様の症例です。

 

 

 

主訴

腰痛(前屈みが辛い)、左肩痛

就寝中に横向きに寝ると下側の手が痺れる

ズボンを履くときや靴下を履くときに痛みで動きづらい

 

施術方法は人によって異なり、患者様の状態に合わせて

 

施術内容を変更していきます。

 

マッケンジー法は、問診にしっかり時間をかけ、

 

更に施術中にも身体の状態を細かく観察しながら

 

各部分のどこが原因でどういう動きが最適かを見極めていきます。

 

今回3度の通院で症状は緩和し、口コミまで頂きましたので一部紹介させていただきます。

 

ここ何ヶ月も悩まされている腰痛のため、

良さそうな雰囲気だったのでお願いしました。

私のからだの状態を詳しく聞いてくださり、

私の症状に最適と思われ、自分で家でできる

マッケンジー法を指導していただきました。

30分程の治療で立って履きづらかった靴下を

履けるくらいに、前かがみで片足をあげることが

出来るようになり、ビックリしています。

翌朝には少し痛みがぶり返しており、継続して

実践することで、根本的になくなればと思っています。

 

 

もちろん来院時の施術でも痛みはとれるかもしれませんが、

 

自宅でも運動を行うことでどんどん症状は変化していきます。

 

自分で根本的に変えていこうと思い、真剣に取り組む方を

 

新田辺整骨院は応援しています。

 

お困りの方は是非一度ご相談ください。

電話する
電話する
LINE