夏休み

学校は夏休みが始まり、大人達は

 

負担が大きい時期になりました。(笑)

 

もちろん嫌になる程暑いという事もあるでしょう。

 

外出の頻度が減っていますね。

 

むやみに外出して熱中症にでもなったら大変ですが、

 

冷房に当たり続けて体調が悪くなるのも考え物です。

 

鼻水やのどの痛み、頭痛といった風邪に似た症状から、

 

全身のだるさや疲れやすさ、食欲不振や下痢などの消化器障害、

 

イライラ感、肩こり、腰痛、肌荒れ、生理不順など、

 

人によってさまざまな症状がみられます。

冷房病の予防のためにも少しエアコンについて触れます。

 

まず設定温度ですが、何度に設定すれば良い。というのは

 

感じ方が人それぞれですので、「寒い」と感じない温度が基本です。

 

エアコンをつけっぱなしにすると、体が慣れて寒さにも鈍感になります。

 

ときどきエアコンをとめ、窓をあけて外気をとり入れることも大切です。

 

また、エアコンの風に直接当たると体温が急速に奪われるので

 

風向きをコントロールし、吹き出す冷気に当たらないようにしましょう。

 

身体を動かすというのも基本中の基本です。

 

少し歩いたり、軽い屈伸運動をして、足先の血液の流れを改善しましょう。

 

椅子に座ったまま、つま先とかかとを交互に上げ下げするだけでも

 

下腿部のポンプ作用によって血流がよくなり、冷えの改善に繋がります。

 

 

最近患者さんと入浴について話をすることがあったのですが、

 

夏こそしっかり湯船に浸かって体温を戻すことが大切です。

 

急に熱いお風呂に入るのではなく、ぬるめのお風呂に少し長い時間

 

浸かって徐々に体温を戻していき、お風呂上りには

 

急激に身体を冷やさないようにします。

 

 

夏の体調不良は、急な温度変化などに対応できずに

 

身体がSOSを出しているという事です。

 

無視せず自分の身体を見直してみることも必要ですね。

 

 

様々な方法があるので自分にはどれが合うのか分からない

 

という方はお気軽にご相談ください!

 

一緒に身体をメンテナンスして夏を乗り切りましょう!

電話する
電話する
LINE